奈良県山辺郡山添村中峰山

分類  
名前 神波多神社
  かんはたじんじゃ
公式HP  

  山添村 中峰山 神波多神社
山辺郡山添村神社のページに戻る
住所   〒630-2351 奈良県山辺郡山添村中峰山309
電話   TEL: 0743-85-1611
御祭神   祭神は神須佐之男命 合祀 櫛稻田姫神、春日大神 。
定休日   年中無休
例祭日   祈年祭(2月25日)祇園祭(旧6月13日)例祭(10月15日)新嘗祭(11月25日)
カード   不可
駐車場    
特徴   俗に、「波多の天王」「畑の天王」と呼はれる、地域密着の神社

写真 施設紹介 地図 メニュー

 

写 真
sugawara1
 
施設紹介

神波多神社(牛頭天王)は、「延喜式」神名帳(九二七)にその名が見られる古社で、

「延喜式」臨時祭に畿内堺一〇ケ所に祀った疫神のうち「大和与伊賀堺」に祀られた疫神であると

考えられている。


また、本殿西方から出土した平安期の古鏡や、正和元年(一三一二)の銘を刻む石灯篭(村指定文化財)があるなどから、かなり古くから信仰を集めていたようである。
天正九年(一五八一)織田信長の伊賀攻めの際に兵火に遭ったと伝えられ、縁起等の資料を欠き沿革の詳細は明らかでない。当社の祭神は、素盞嗚命のほか春日大神・櫛稲田姫命を祀る。古来から「波多の天王」と呼ばれ、大和・伊賀・山城など広くにわたり崇敬者が多い。
江戸時代前期(十七世紀中頃)の建立t推定される本殿は、奈良県指定文化財(建造物)である。建立以来一度も根本的な解体修理がなかったことから各部が緩み放置出来ない状態になっていたので、保存のため平成六年から同七年(一九九五)にかけ初めての解体修理が行われ、創建当時の姿に戻った。
主なお祭は祈年祭(二月二十五日)祇園祭(旧六月十三日)

例祭(十月十五日)新嘗祭(十一月二十五日)である。

毎年10月第4土曜日の天王祭りに神楽が奉納され、「天王の獅子舞」として親しまれています。


 
  inaba  
   神波多神社 〒630-2351 奈良県山辺郡山添村中峰山309 ‎‎
 
 

車:   名阪国道五月橋IC下車約1㎞
交通機関:上野市駅から国道山添行きバス波多野神社前バス停下車すぐ
徒歩で

 
Google地図で見る  
メニュー